酵素を取り入れて身体を若々しく元気にする!

酵素を身体に取り入れて身体を若々しく元気にする!

 

人間の体は食べ物を消化するときに酵素が必要で、もしその酵素が採れない場合、自分の体から酵素を摂って消化をするということをご存知ですか?

 

つまり、酵素は消化に必ず必要なものなので、それがない場合には、人間は自分の体の中にある酵素を摂ってくるなんて、なんと便利な生き物なんでしょう!

 

と思ってしまいそうですが、これには大きな多し穴があります。

 

実は人間の体が一生の間に作れる酵素の量は決まっているのだそうです!

 

そして、作り出せる酵素の量は年齢とともに減っていき、遂に酵素を作ることが出来なくなった時・・・それじゃ寿命が来たということなのだそうです。

 

つまり、体内の酵素が減るということは、寿命が減るということでもあり、体内酵素をどんどん使ってしまうと、極端な話、寿命にも影響していまうので、酵素はとても大事なのです。

 

では、体内酵素を減らさないためにはどうしたらいいか、というと、食料から摂るとよいのです。

 

では、酵素が含まれた食品にはどういうものがあるのか?

 

ということになりますが、酵素が多い食品としての代表的なものは、発酵食品や生ものになります。

 

酵素は熱に弱いの、火を通した食品や加工食品には含まれないのです。

 

ですから、加工食品ばかり食べていると体調がすぐれなくなるのは、消化酵素が足りず消化器官に負担がかかるからなんですね。

 

消化器官に負担をかけず食べ物をしっかり消化して寿命も伸ばすためには、酵素を意識的に取り入れることがとても重要になります。

 

よく、ステーキ肉を食べたら、大量の生野菜をとった方がいい、というお話を聴いたことがありませんか?

 

これは、まさに酵素の力を使って消化しましょう、という1つの例なんですね。

 

お肉は消化がよくないので、お肉だけ食べていたら、消火器官がお肉を消化するのに時間も負担もかかるけれど、そこに生野菜も一緒に入ってくると、生野菜の酵素が消化を助けてくれるのです。また、日本人は発酵食品を沢山食べますよね。

 

特に野菜の採れない冬は漬物や納豆などの発酵食品を生野菜の代わりに取り入れていましたが、これはまさに生ものが取り辛い冬に、きちんと酵素を摂り入れて消化器官に負担をかけないようにした、ご先祖様の生きる知恵なんですね。

 

こうやって考えてみると、医療や科学のない時代でもちゃんと体の求めるものを人間は生活に摂り入れており、よく出来ていますよね。

 

それなのに、現代人はそうした先代の知恵をすっかり忘れて、加工食品など酵素の少ない生活をしてしまっているのです。

 

ですので、今一度、酵素に着目して、健康的な体を作って寿命を延ばしましょう。

 

 

トップページに戻る

page top