まあるい旬生酵素のポリフェノールって!?

まあるい旬生酵素のポリフェノールとは!?

 

ポリフェノールは体にいいとはよくききますが、実際にどんな効果があるのか、どう健康と関わるのかまでは知らないかたもいるかと思います。

 

そんなポリフェノールについて基本的な知識をご紹介します。

 

ポリフェノールの効果に代表されるのは抗酸化作用です。抗酸化作用とは、体の酸化を防ぐ働きですが、私たちの体はエネルギーを産み出すときに活性酸素を作り出し体に少なからずダメージを与えます。

 

酸化するとは体が錆びるようなイメージで、老化や生活習慣病につながります。

 

そんな体の酸化に効果があるのがポリフェノールです。体を元気にするビタミンのような類いですので、なるべく体に取り込み、健康と美容に役立てたいものです。

 

ポリフェノールと聞くと真っ先に思い浮かぶのは、ワインやチョコレートではないでしょうか。

 

商品にもポリフェノール含有を表記したものも多いですね。

 

しかし、さまざまな私たちの身近な食べ物にも含まれています。

 

例えば緑茶です。よく殺菌作用や口臭軽減の効果が聞かれるカテキンもポリフェノールの一種ですので、お茶を飲むだけでも酸化防止の効果が期待できます。

 

ただし、ポリフェノールは長く体にとどまる成分ではないため、こまめに継続して飲用することをおすすめします。

 

また、意外な食品としてターメリックがあります。ターメリックとは、二日酔いなどに効果のあるうこんのことで、カレーの色づけや苦味の成分として有名です。

 

つまり、カレーにもポリフェノールが含まれることになります。

 

確かに、インドやネパールなど香辛料を使う国は、暑さや日光などのダメージが想像つきますが、そんな日常をものともせず暮らす彼らの健康を支えているのかもしれません。

 

また、生姜にもポリフェノールが含まれており、実はカレーにも生姜は使われていますので、疲れた時などにカレーが食べたくなるのはこのためなのでしょうか。

 

以上、ポリフェノールの効果と食品をご紹介しました。

 

紹介した食品以外にも、紅茶や豆類にもポリフェノールは含まれています。

 

日常的に食しているものにも、意外な健康効果があるかもしれませんので、栄養素を調べながら食べるのも面白いかもしれません。

 

 

トップページに戻る

page top