まあるい旬生酵素はアミノ酸の宝庫

まあるい旬生酵素はアミノ酸の宝庫です

○アミノ酸とは
アミノ酸は私たちの体を作るタンパク質のもととなっています。
人間の体には20種のアミノ酸があり、臓器や神経伝達物質、ホルモン、血液などが作られるなど生命の源となる栄養成分です。
それ以外にも、うま味成分や薬品、化粧品など身近なものに幅広く活用されているのです。
私たちの体を作る20種のアミノ酸のうち9種類が必須アミノ酸と呼ばれ、体内での合成ができない、または困難なため食事で摂取する必要があります。
アミノ酸には個別に機能や効果があり、目的に合ったアミノ酸を摂る必要があります。

 

○アミノ酸の効果
1、体力の向上効果のあるアミノ酸
「ロイシン」「イソロイシン」「バリン」はBACCと呼ばれ、スポーツサプリメントとしてこの3種を一緒に摂取するのが効果的です。
これらは筋肉タンパク質の3分の1を占め、筋肉作りに深い関わりを持っています。
運動によって体を動かすとエネルギーとして使うため筋組織は破壊されますが、血中アミノ酸濃度を高く保つことで筋肉破壊を最小限にとどめる事が出来ます。また、筋肉の修復も速やかに行う事が出来るため、疲労回復の効果もあります。

 

2、脂肪燃焼を促進する
「リジン」「アルギニン」「プロリン」「アラニン」などは有酸素運動による脂肪燃焼を助けるのに効果的なアミノ酸です。
これらのアミノ酸には脂肪を分解するリパーゼを活性化する働きがあり、有酸素運動における脂肪の燃焼をより効率的にします。

 

3、皮膚の再生
「プロリン」「アルギニン」などは皮膚を構成するコラーゲンの材料となるアミノ酸であり、破壊された皮膚の再生を促進します。
これらのアミノ酸の摂取によってコラーゲン生成を活発化し、アンチエイジング効果も期待できます。
年齢を重ねれば重ねるほどコラーゲンは失われていくため、アミノ酸摂取が美肌に欠かせない事がわかります。

 

4.集中とリラックス効果
「チロシン」には脳を覚醒させ、集中力を高める作用のあるドーパミンという神経伝達物質の原料です。
そのため、摂取することでドーパミンの分泌が促され集中力が高く維持されます。
一方、「トリプトファン」は脳を休息させるセロトニンという神経伝達物質の原料です。
摂取することによりセロトニンが分泌され脳が休息しリラックス効果へと繋がります。
上記の脳機能を調整するアミノ酸は相対する効果があるため状況に応じた摂取が必要です。
より効果的に効果を発揮させるためには、それぞれの使い分けが必要です。

 

5.免疫力の向上
「グルタミン」「アルギニン」には身体の免疫機能を持つ細胞の原料やエネルギー源となり、免疫力の向上効果を持ちます。
アミノ酸の不足や他の機能に大量に使われると、身体の免疫機能が低下するため日々摂取することが大切です。

 

 

トップページに戻る

page top