まあるい旬生酵素で冷え性が改善するの!?

まあるい旬生酵素ので冷え性が改善する!?

 

まあるい旬生酵素に含まれている成分は、冷え性も改善する効果が期待されています。

 

というのも、生酵素が血流の流れを改善し、栄養状態が身体の隅々まで行き渡ることによって、血の滞留状態を改善されるようになると考えられます。

 

まずは血行状態が良くないとどのようなことが起きるのかを考えてみます。

 

血行状態が悪いと様々な問題が起こりますが、今回は末端冷え性について書きます。

 

そもそも血行状態が悪い状態が起こる原因には大きく2つあります。

 

心臓の働きがよくない

1つは、心臓の働きがよくないことです。

 

そもそも心臓の収縮する力が弱ければ、全身に送られる血液量は少なくなります。

 

そのため、体の中でも生きていくために重要な臓器(脳や内臓など)に優先的に血流が流れることになります。

 

さらに、手や足などの末端の部分は生きていくための優先順位が下がる部位については血流量が少なくなります。

 

そして冷たくなり、冷え性となります。

 

筋肉量が減少すること

また、2つ目の血流が悪くなる原因としては、静脈流を心臓に戻すための下半身の筋肉、特にふくらはぎの筋肉量が減っていることがあげられます。

 

ふくらはぎは第2の心臓と言われるような部位です。

 

なぜそのように言われるかというも、ふくらはぎの収縮する力によって末端まで流れた血流を重力に逆らって押し返し、血流を流す役割があるからです。

 

この部分の筋肉量が減ったり、または筋力が少なくなることで血流を流すことができなくなり、血液が滞留し、新鮮な血流が流れてこないことで冷え性になります。

 

どちらの原因にも共通することですが、これらは運動不足から起きることです。

 

心臓の収縮力が落ちるのは、日常的な活動量が低下したりすると、心臓を強く使う場面が少なくなります。

 

そのため、心臓の力が落ちていきます。また、ふくらはぎ、また下半身の筋力が落ちるのも運動不足によるものです。

 

ですので、このように冷え性に悩んでいる方は筋力トレーニング、また全身運動のウォーキングなどを日常的にしてもらうといいと思います。

 

もし、このような状態をそのままにしておくと、冷え性だけで収まる問題ではありません。

 

静脈流を押し流せないことで、静脈瘤という静脈にこぶができ、そのこぶによりふくらはぎや足に痛みを伴うことがあります。

 

また、心臓の力が弱くなるということは、全身の血流量が低下しているので、血圧の低下を招き、朝起きれない、頭痛がひどい、貧血などを招きます。

 

血行状態が悪いというだけで様々な体の状態を引き起こすので、日常的に活動量を増やし、健康的な生活を送ってほしいと思います。

 

まあるい旬生酵素を定期的に服用することによって、体調の変化を実感できる人が多くいるのは血流改善が一つあるからです。

 

 

トップページに戻る


page top